読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教と信仰とか、幼稚園と英語教育とか。

カウンセリング3回目を終えた

1月頭から、カウンセリングに行きはじめた。

行こうと思ったきっかけは、弟がしてくれたアズサの女の子の話。

 

昨日、3回目だった。

今は1週間に1度のカウンセリングの時間が、私の頼りになっています。

本当にあたたかい時間。なにも警戒しなくてよい空間。

 

カウンセリングは、1回2時間。

基本的には

前半は処方的な話をして(今は自分の取り扱い説明書を作る作業をしている)

後半は脈絡なくポツポツ話す。

 

今までも信仰で、自由意志で選択することで、聖霊を求めることで、

この苦しみから脱却しようとしてきたけれど、

自分の精神力に頼って

自分から何かを求めようとするのはつかれてしまってた。

 

そんな中、カウンセリングが救いになってくれたのは、

科学的・物理的な脱却方法を教えてくれること。

遺伝や現代社会の枠組みから自分を観ること。

つまり、問題の要因を自分の内側から外側へ移動させてくれたこと。

サプリを飲む、ルーティンを作る、身体を温める、とか。

 

ただ、同時に、とても個人的な心の部分にも寄り添ってもらえる。

 

なぜ人は課せられた人生を生きなければいけないのか。

 

誰も頼んでいないのに、

いのちを与えた神さまへの怒り、

私を産んだ両親への怒り。

 

このはなしをしているときに教えてもらった動画。

 

U2のBonoとアメリカの神学者 Eugene Petesonの対話。

 

www.youtube.com

 

 Praying cannot be nice before God.

It's not smooth, pretty, or nice.

 

Truth, that is what God wants,

explosure of joy, deep sorrow, and confusion.

 

 

あれだけの思慮深さ。

分野が違う2人の言葉が一点の真理に近付いていくこと、

そのプロセスのひたむきさ、確かさ。