読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教と信仰とか、幼稚園と英語教育とか。

1匹の子ひつじと、発達障がいのL君のはなし

今日、ツイッターを開いていたら、あるツイートが目に入ってきました。

「なぜフローレンスは”障害”と書くのか」

それは、障害は、個人に属する性質ではなくて、社会の側にあるものだからということでした。

なるほど、ととても納得できて、同時に、発達障がいをもつL君(※ここではそれでも一応「障がい」と表記します。)のことを思い出しました。

 

なので以下の原稿を載せてみます。

L君に教えてもらったことを書いた文章です。

 

ちなみに、この原稿で心に留めておきたいなと思うのは二つ。

一つは、発達障がいは二者以上の双方向のコミュニケーションの中で生まれるものだということ。一方の課題ではないということ。

もう一つ、去年一年間幼稚園で働いてからこの文章を読み返して気付いたのは、子どもとの信頼関係はある日突然姿を表すということ。

幼稚園にはしーちゃんという女の子がいました。やんちゃ娘で部屋からはしょっちゅう脱走する、手のかかる子でした。ただその自由でまっすぐな姿はとても可愛くて、毎朝みかけては「おはよう!」って声掛けてみたり、抱っこしてみたり。それでもなかなか反応してくれない子でした。

そんなことを2週間くらい繰り返していたある日。自由時間に私が園庭を眺めながら座っていると、突然しーちゃんが背中に飛び乗ってきました。今まで、いくらちょっかい出してもウンともスンとも答えてくれなかったのに!笑。それからは会うたびに「かたのせて!」。天使か。笑

 

しーちゃんだけじゃなくて、みなとも、はなちゃんも、うーちゃんも、みんなそんな感じだった。

何度も話しかけて、何度も頭を撫でて。

その球は、すぐには打ち返してくれないけれど、確かに少しずつ子どもたちの心の中に蓄積されていて、ある時、ラインを超えると、精一杯の信頼を置いて体重を任せてきてくれる。本当にその重みの尊さ、愛らしさ。

 

-----------------------------------------------

----------------

早朝祈祷会原稿『1匹の羊の、応答について』

----------------

おはようございます。初めに近況報告をすると、先週、フラの発表会と、ウガンダからのNPOのコンサートのお手伝いが終わって、一昨日、ゼミ発表が終わって、ここ1ヶ月くらいの間で、やっと、ドタバタが落ち着いた気分です。

今朝は、10月の聖書研究の箇所、1匹の羊のはなしを読んでいて思い出したことがあったので、それについて話させてください。

以前の早祷の近況報告で触れた気もするのですが、8月9月、文京区の教育支援センターというところで臨時のアルバイトをしていました。湯島の医学部の門の近くに、今年の4月に新しく建設された建物で、その中の、児童発達支援センターに行っていました。

ここには、発達障がいを持っている4-5歳の子どもたちが、15人程、毎日通園しています。

 

ここでアルバイトをしようと思ったのには2つ理由がありました。

1つは、妹が、ADHD(注意・欠陥障がい)を持っていることでした。予定外のことが起きると困惑してしまうのと、学習障がいがあるのですが、両親がそのことに気づき始めたのは小学校入ってからで、つまり一見わかりにくいです。そのため、私も、あまり妹に、障がいと言うものを意識して接してこなくて、最近になってやっと、私の理解が浅かったためにたくさん傷つけてきてしまってきただろうなということを、今更ながら、知らしめられたからでした。

そして、もう一つは、来年から、乳幼児教育の現場に出るのを決めたことです。先日、Cさんも話されていましたが、最近、そういう傾向を持った人が増えているとされています。もしかしたら、それは、今まで単に一つの性格とされていたものが病気として認識されるようになっただけに過ぎないかもしれませんが、社会心理学の分野でもそのような現状理解があるようなので、社会全体としてやはりそういう傾向にあるのかもしれません。

そのアルバイトを決めたのは、以上の2つの理由からでした。

 

支援センターでの1日の流れは、朝8:30に行って準備して、9:30に子どもたちを迎えます。

午前中は朝の集まりと造形があって、お昼ごはんを食べて、午後は歌や体を動かす遊びをするのが基本的な動きでした。クラスは年齢ごとに分かれていて、1クラス8人、大人は最低でも5人で多い時は8人、つまり子ども1人に対して大人1人がいました。それで、日ごとに担当の子がいて、1日を通して特にその子と長く接します。

ご存知の方も多いかもしれませんが、発達障がいと一言で言っても程度やタイプの差はとてもそれぞれで、ただ共通の点として、コミュニケーションが苦手とされています。そのことは私も知識としては知っていて、また今までも何人か、発達障がいを持つ方と接してきたことはありましたが、やはり支援センターにいる子は程度が大きい子が多いようで、初日は少しびっくりしてしまいました。

視線の方向はこちらを見ていても目が合っている感覚がなかったり、ずっと宙を見ていたり。

何を思ったり考えていたりするのかが、なかなかつかめない子もいて、戸惑ってしまいました。ただ、Cさんが話されたときにYさんが、コミュニケーションはそもそも相互作用で、だから「一方が苦手」と捉えるのは誤りだとおっしゃっていたのですが、確かにその通りで。

私がその子たちの世界の捉え方を知ろうとした時、日数が経つにつれ、少しずつ、その子たちの表情や言葉が、読み取れるようになりました。

とても嬉しかったです。

ある日の私の担当は、Lくんと言う4歳の、目がくりっとした男の子でした。その子の担当になるのは2回目だったのですが、あまり言葉を発さなくて、お化けでも見えてるのかな、と思うくらい時々じーっと天井を見て、手で何かをつかもうとすることがあったりしました。

ぐずったり、自由時間に気づくとどっか行ってしまったりということは無く、基本的には手はかからなかったのですが、レオくんの大変なのは、お昼ごはんの時でした。

フォークやスプーンを使うのがイヤらしく、好きなものには、シュッと手を出してきます。お米などならまだいいのですが、スープにも手を入れようとしてくるので、気が抜けません。

一方で、きらいなものはなかなか食べようとしてくれなくて、野菜とかは小さく刻んでお肉の中に混ぜてみたりします。ただ、見た目で騙しても口の中で気づくと顔をしかめるので、とても申し訳ないなと思いつつ、でもその顔がかわいいので愛おしく思いつつも、ごはんを終えるのに、その日も1時間近くかかってしまいました。

午後の初めは自由時間なので、子どもたちはごはんを食べ終えると、リーダーの先生に、「大きいおへやに行ってもいいですか」と尋ねに行くことになっています。それで、Lくんも尋ねに行って、発音が苦手なので、「いいですか」しか言えないのですが、で、言った後、言ったと同時に後ろを振り返って、照れるように、私の首に、すごい笑顔で抱きついてきてくれたんです。

それまで、話しかけても近くにいても、あまり私に対して反応してくれなくて、後、お昼ごはん中もなかなか言うこと聞いてくれなくて。

子どもたちが好まないものを半分無理矢理に食べさせるというのは、心苦しいし、意外と、忍耐力がいります。でも、ずっとそんな感じだったのに、急に私に対して笑顔を見せてくれたことは、とても驚きであり、とても嬉しい出来事でした。

 

マタイの18章を読んでいて思ったのは、神さまが、1匹の羊を見つけた時、つまりそれは、羊が神さまに対して応答をした時だと解釈しているのですが、その時の神さまの喜びというのは、もちろん大きさはまったく違っていても、種類としては、こんな喜びなのかなーということでした。

普段、私は頭を使って聖書を理解しようとしていますが、子どもたちと接していると、彼らは、聖書のみこころを、実感として、教えてくれます。尊い存在だなと、改めて、思わされています。

 

もう一つ、この箇所から学んだことを付け加えさせてください。実は、この夏、結構人生に迷っていて、20半ばも近づいてきているのに未だにモラトリアムですが、ずっと、日々も人生もそこそこだなーと感じていました。さっきお話ししたような、喜びとかはそれなりにあったのですが、それがその先への期待や楽しみに続かなくて、日々鬱々に感じていました。

人生には、確かにプラスがあって、でも同時にマイナスもあって、どうして私がそれを経験しなければいけないのか納得がいきませんでした。

神さまが、地上で御国を実現するために私を作ったのは分かるけれど、そもそもなぜ私がそのプロジェクトに参加しなければいけないのか分からないし、9月中は特に、私を作るとかほんとにいい迷惑だ、との思いが強かったです。

失われた羊のたとえ話を読んでいて思わされたのは、山に残されたのは、100匹ではなく99匹だったことです。それは1匹が戻ってきて、100という一つの整った数字になることでした。その、み国を実現するというプロジェクトも、そのように計画されているのかもしれないです。ただ、私は、63億分の1で、私自身の数字のスケール感覚から言うと、それは、十分に小さい、無視可能な値なのですが、神さまにとっては、十分大きな値なのかなーと納得しようとしています。

それはまだ全然感覚として理解できなくて、自分の存在に対する疑問からも抜け出し切れないですが、こういう小さな気づきが積み重なった時、ある日一段上へ上がれるのかもしれないです。

そうは言いつつも、多分、また、鬱々したりしちゃうんだろうな、と思っています。感情に流されないようにしたいです。頭では分かっていても、心では掴みきれないことが多いから、信仰というのは、ほんとうに、付き合うのは大変だなーと改めて思わされています。

 

f:id:oyou9:20161124142517j:plain

カウンセリング3回目を終えた

1月頭から、カウンセリングに行きはじめた。

行こうと思ったきっかけは、弟がしてくれたアズサの女の子の話。

 

昨日、3回目だった。

今は1週間に1度のカウンセリングの時間が、私の頼りになっています。

本当にあたたかい時間。なにも警戒しなくてよい空間。

 

カウンセリングは、1回2時間。

基本的には

前半は処方的な話をして(今は自分の取り扱い説明書を作る作業をしている)

後半は脈絡なくポツポツ話す。

 

今までも信仰で、自由意志で選択することで、聖霊を求めることで、

この苦しみから脱却しようとしてきたけれど、

自分の精神力に頼って

自分から何かを求めようとするのはつかれてしまってた。

 

そんな中、カウンセリングが救いになってくれたのは、

科学的・物理的な脱却方法を教えてくれること。

遺伝や現代社会の枠組みから自分を観ること。

つまり、問題の要因を自分の内側から外側へ移動させてくれたこと。

サプリを飲む、ルーティンを作る、身体を温める、とか。

 

ただ、同時に、とても個人的な心の部分にも寄り添ってもらえる。

 

なぜ人は課せられた人生を生きなければいけないのか。

 

誰も頼んでいないのに、

いのちを与えた神さまへの怒り、

私を産んだ両親への怒り。

 

このはなしをしているときに教えてもらった動画。

 

U2のBonoとアメリカの神学者 Eugene Petesonの対話。

 

www.youtube.com

 

 Praying cannot be nice before God.

It's not smooth, pretty, or nice.

 

Truth, that is what God wants,

explosure of joy, deep sorrow, and confusion.

 

 

あれだけの思慮深さ。

分野が違う2人の言葉が一点の真理に近付いていくこと、

そのプロセスのひたむきさ、確かさ。

 

 

 

学歴も宗教も解を与えてくれない(今のところ)アンパンマンの質問【3】

 

目的は手段に先んじてあるべきだと言われるけれど

人生の場合、意味と存在はどちらが先なんだろう?

ニワトリと卵問題です。

 

 

ハワイでキリスト教の信仰を得て

自分なりに人生の真理を掴めたと思っていました。

神様は私を完全に一つの個として作られたから

他人と比較する必要はないし

自分の存在は行いによらず肯定されると知った。

 

ただ、やっぱり、ハワイの環境は特別でした。

島々は自然に恵まれていて、

住民たちは太陽の下生きることをただ楽しんでいて、

私自身も休学中の自由な身分で、

ただそこに「在る」だけの自分を認められる場所だった。

 

けれども、日本に帰ってくれば、毎日は私の日常で

私の人生の真ん中の道に戻ったような。

戻ってきてからもしばらくは

休学中に与えられたエネルギーを廻しつつ

日本の教会でハワイとは異なる説教や解釈に感銘を受けつつ

それなりに前向きに過ごせていたのだけれど

1年半経ったころ、

多分就職活動の準備が始まったことがきっかけ、

キリスト教にはこの世でどのように生きるべきかに関する真理があって

確かに聖書で示されるものに従って

日々を生きられるようになりたいと思えるけれど

そもそもその前提として、

なぜ私たち人間は生きなければいけないのか?

という問いに対する答えが分からなくなった。

 

キリスト教としてのその回答は(私が知っている限り)

原始に、父、御子、御霊があって、

その三位は一体で、そこには愛が満ち溢れていて

それをより広げたいと、

神自身の御姿に似た者として人間は作られました。

 

でも、それだけを理由に生きるには、

人生は長いし、辛いことが多いし、

そんなに喜びに溢れたものではない、というのが

今の思いです

 

でも、それがとても傲慢な思いなことは

頭では分かっているのだけれど

衣食住に困ることはなくて

体は健康で

家族がいて

それがいかに恵まれていることか

それでもこなすだけの毎日、

これを積み重ねたその先に何があるのか、

満足できる答えが得られるのか、

 

この間、尊敬する人がくれた言葉。

神様は生きておられます。そして決してあなたを孤独にしたままでおられません。

 

終着点はどこにあるのか。

ちゃんと聖書に耳を傾けて

この苦しみを神さまに向けていければいいと思う

(2016年11月)

ヤコブ1:21

ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。

 

学歴も宗教も解を与えてくれない(今のところ)アンパンマンの質問【2】

 

人生の目的はどこにあるのか。

前の続き。

 

 

大学で私なりに挫折して

自己嫌悪スパイラルで

自分がその時所属していた社会とのつながりを切りたいのだけれど

その方法を前向きに考えられる体力もなかった時

母親が「これ行く?」とハワイの学校を紹介してくれました。

(海外という選択肢を提示してくれるほどに親の心とお金の余裕があったことは大分恵まれてる、その点は自覚してる)

 

それはキリスト教の団体が運営する学校で

聖書の勉強とボランティア活動が組み合わされた

6ヶ月のプログラムでした。

実はこの頃キリスト教が苦手でした。

むしろ嫌悪感を抱いてたとも言えたり。

 

小学校からカトリックのミッションスクールに通っていたので

聖書の授業や讃美歌にはそれなりに親しんできて

嫌いではなかったけれど

私が高校生の頃両親が近所のプロテスタントの教会に通い始めて

私も何度か礼拝に行ったことがあったけれど

プロテスタントの型のない自由なお祈りの形や

信者の人たちがセキララに自分の思いを共有する空気が

私には合わなかったこと。

それと、母が創造論を支持するのだけれど、

ちょうど受験生物で進化論を学んで

さらに最高学府と呼ばれる学校にいて(当時は宗教と科学は相反すると思っていた)

そこに居ることに自分の価値を見出していた私は、

母が進化論を否定することが

私自身を否定されているように思ってしまっていたわけです。

(精神的にも親から本当に自立できていない大学生だった。)

 

ただ、その時はとりあえず日本を離れられるなら何でも良くて

英語会話能力もTOEFLスコアとか要らないと聞いて

即そのハワイの学校に行くことを決断しました。

 

ただ、行ってみたら思っていたよりしっかりキリスト教で。

毎日聖書を読んで、お祈りして、

ボランティア活動も宣教活動の一環として求められていました。

ハワイはスピリチュアル性が強い島でもあったので

異言と呼ばれる言葉をしゃべる人がいたり

天使が見えるという人がいたり

戸惑った部分もあったけれど

それ以上に一緒にいたチームの皆が

社会的な価値での装飾が無い私をただの個人として受け止めて

仲良くしてくれたことが幸せでした。

 

そんなこんなで半年間ハワイの島を回りながら過ごして

その年の終わりにはキリスト教を信仰することを決めました。

聖書の記載内容をすべて事実として受け止めることはまだ難しかったけれど

決心のきっかけは2つ。

一つは周囲の友達の価値観とそれに基づいた生き方を見ていて、

私もそのように生きたいと思うようになっていたこと。

もう一つは、過去2000年以上不変に受け継がれて普遍に信じられてきて

私よりずっと優秀な人たちがそこに真理があると認めてきたものならば

残りの人生、真理の探究をそこに賭けてみてもいいかもしれないと思ったこと。

 

そうして洗礼を受けました。

 

この時は、私は人生で頼るべき指針を掴めた、

この信仰から離れなければ ちゃんと生きていけると思いました。

 

キリスト教の私が魅かれているところは、

他の宗教はわからないので比較結果ではないけれど

すべての根源が創造主にあるという考え方。

それまで私は自分にばかり目を向けてしまっていました。

自分はこうありたい、自分はあの知人に対してこう劣っている、

その自己中心的な価値基準の傲慢さを指摘して

手放すことを教えてくれたことは

すこしこの世界を生き易くしてくれました。

 

ただこの信仰はハワイという非日常で得られたもので

日本に帰って来てからそれを日常生活に当てはめる作業が必要でした。

 

そして今はまだその壁を乗り越えられずにいます。

 

[続く]

学歴も宗教も解を与えてくれない(今のところ)アンパンマンの質問【1】

 

※自分の当時の理解と思いをそのまま書いています。

思考と配慮の足りなさがあるかもしれないけれどご了承ください。

 

なんのために生まれて

なにをして生きるのか。

 

答えはどこ〜となっています。最近特に。

 

中高と女子校で育ってとても楽しかったし

友達にも恵まれていたのですが

確かにクラス内にはヒエラルキーみたいなものがあって

目立つ子たちは「かわいい」「おもしろい」「頭が良い」「運動ができる」

それぞれ長所を持っていました。

 

そんな中で私は自分の居場所、存在意義みたいなものに

けっこう不安を覚えていた。

 

高校3年生のとき受験がやって来て

(小学校からエスカレーターだったので)

初めて自分の生きる道を決めるべき機会がやってきました。

 

私立だったけれど進学校だったわけではなくて

最後に東京大学受かった先輩は4学年上だったし、

私は学年内でも定期試験の順位よくて7位とかだったから

あまり現実味なかったけれど

希望校が空欄になっている調査票を見た塾の先生が

「じゃあ東大ね」

その一言で目指せるのかもと思い込みました。

 

その時に目指したいと思った理由の一つは行きたかった学部があること。

同時に"東京大学であれば自分の居場所に安心できる"という思考がありました。

 

私は外見がかわいいわけでは無かったし、

突出した特技があるわけでも無くて、

唯一比較的得意だったのが勉強でした。

 

でも「勉強ができる」だけを強みに社会で生き残るには

早稲田慶応では弱いと思っていました。

早慶には美人がたくさんいるから。

(女の子の評価軸は一般的に才と色の二つだと思ってた)

 

ミス東大コンテストも見たことあったから

東大にも綺麗な人たちがいるだろうとは思っていたけれど、

でもとりあえず学問では日本で一番と言われているから

それより上がない東大にいれば

勉強ができることをアイデンティティにできると思いました。

 

結局、現役では失敗してしまって、浪人して、

憧れの大学に入りました。

 

一年生の4月はかなり浮かれていました。

恥ずかしながらも一瞬全能感みたいなものを抱いた時もありました...。

でも本当に一瞬でした。

 

大学の友達たちは頭の回転は私より早い人たちばかりだったし

それ以外にもまさに二物、三物を持った人がたくさんいて

彼らに追いつきたいと意識高めの活動もして努力してみたけれど

がんばり続けることは難しかった。

 

日本一という学歴があれば充実した人生が送れると期待したけれど

確かに就活で有利になるなどの利点はあるけれど

学歴は人生の目的を満たしてはくれませんでした。

 

そうして人生の路頭に迷う。

 

それと同時にがんばっていたダイエットもどうでも良くなって

さらに食事制限していた反動で過食するようになって、

自己嫌悪が募るばかりで

喫茶店アルバイトでも

指の腱を縫ったのに労災出なかったり

朝5時半出勤が月に20日間になったり

精神的にも体力的にも一杯いっぱいになってしまいまして

大学3年生の4月からは外に出るのがかなり辛くなってしまった。

 

そんな頃に救いを求めてみたのがキリスト教でした。

 

[続く]